タカミクリニックで美しく【理想の体を手に入れる】

脂肪を吸引

顔を気にする女性

手術後のアフターケアが重要です

脂肪吸引は広い面積の場合には全身麻酔で行われます。人により反応は様々ですが、入院せずに帰宅することが多いので、タクシーなどを使い安全に家に帰り、できるだけ安静にしていることが望ましいでしょう。脂肪吸引といっても手術であり、体に大きな負担がかかります。術後は2,3日は痛みを感じることがあります。痛みよりも腫れの方が問題なので、病院で指示されたようにケアを行います。脂肪吸引の手術後すぐにガードルなどで患部を圧迫し固定します。同時に皮膚が固くならないようにマッサージを行います。これは本人が行う場合と、クリニックに通ってマッサージを受ける場合があります。脂肪吸引手術を受けた後のダウンタイムは部位によって違いますが、日常生活をおくりながらガードルをつけたり、マッサージを行ったりして、落ち着くまでに2,3か月かかることを見こんでおきます。

修正にも対応してくれるいいクリニックを選ぶことが大切です

脂肪吸引の手術前にも禁煙が望ましいと言えます。皮膚の状態をよくするためにも煙草は害になります。術後は禁煙以外に、禁酒も加わります。きちんとしたクリニックならば、手術後の1か月と3カ月などに経過観察の診察があります。3か月たってはじめて、細くなったかデコボコはないかがわかります。脂肪吸引手術はこうした術後のケアを大切なため、技術がよく、アフターケアもいい、評判のいいクリニックで手術を受けるようにします。万が一、皮膚にデコボコがでた場合でも、修正を行ってくれます。修正は、取残しなどのむらがある場合には、修正もできるベイザーという機械を使うことがあります。また脂肪の摂り過ぎでへこんだ場合には、除去した脂肪から不純物を取り除いたものを注入する方法があります。 脂肪吸引の手術は信頼できる医師のいるクリニックで受けるようにします。